離婚時の問題は事前に解決してから離婚届 マイホーム、借金、取り決め事

親権者の決定

親権者とは、未成年の子を養育監護し、財産を管理し、代理人として法律行為をする権利義務を有するものです。親権の内容として身上監護権と財産管理権があります

身上監護権

居所指定権
懲戒権
職業許可権
この身分上の行為の許可権

財産管理権 未成年の子の財産を管理する権利義務

 

夫婦が婚姻中であれば夫婦の共同親権ですが離婚した場合には親権者をどちらかに定めなければなりません。協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれの場合にも親権者が必要ですす。親権者の死亡の場合は後見人選任の申立てが必要ですが、親権者の変更の申し立ても可能です。

 

監護権者

 

子の監護をおこなうものを定めることもできます。本来、親権者と監護権者は同一人が普通ですが、例外的に一方が親権者で片方が監護権者とのなる場合があるようです。

 

養育費

 

 夫婦が離婚して、子と同居していなくても親は子の能力に応じた生活をさせなければならない義務があります。両親とも子の養育費を負担する義務があり、同居していない親は親権者・監護権者に指定された親に養育費を支払います。養育費の算定表が公開されており実務手続きの基準と利用されていますので、支払額の参考になります。
 養育費の支払い期間の取り決めで、18歳に達するまで・20歳に達するまで・22歳に達するまでとか話し合いで決めます。

親権者

 

 親権者とは、未成年の子を養育監護し、財産を管理し、代理人として法律行為をする権利義務を有するものです。
親権の内容として身上監護権と財産管理権があります
 身上監護権の内容
  居所指定権
  懲戒権
  職業許可権
  この身分上の行為の許可権
 財産管理権の内容
  未成年の子の財産を管理する権利義務があります

 

 夫婦が婚姻中であれば夫婦の共同親権ですが離婚した場合には親権者をどちらかに定めなければなりません。協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれの場合にも親権者が必要ですす。親権者の死亡の場合は後見人選任の申立てが必要ですが、親権者の変更の申し立ても可能です。

 

監護権者

 

 子の監護をおこなうものを定めることもできます。本来、親権者と監護権者は同一人が普通ですが、例外的に一方が親権者で片方が監護権者とのなる場合があるようです。

 

養育費

 

 夫婦が離婚して、子と同居していなくても親は子の能力に応じた生活をさせなければならない義務があります。両親とも子の養育費を負担する義務があり、同居していない親は親権者・監護権者に指定された親に養育費を支払います。養育費の算定表が公開されており実務手続きの基準と利用されていますので、支払額の参考になります。
 養育費の支払い期間の取り決めで、18歳に達するまで・20歳に達するまで・22歳に達するまでとか話し合いで決めます。

親権者

 

 親権者とは、未成年の子を養育監護し、財産を管理し、代理人として法律行為をする権利義務を有するものです。
親権の内容として身上監護権と財産管理権があります
 身上監護権の内容
  居所指定権
  懲戒権
  職業許可権
  この身分上の行為の許可権
 財産管理権の内容
  未成年の子の財産を管理する権利義務があります

 

 夫婦が婚姻中であれば夫婦の共同親権ですが離婚した場合には親権者をどちらかに定めなければなりません。協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれの場合にも親権者が必要ですす。親権者の死亡の場合は後見人選任の申立てが必要ですが、親権者の変更の申し立ても可能です。

 

監護権者

 

 子の監護をおこなうものを定めることもできます。本来、親権者と監護権者は同一人が普通ですが、例外的に一方が親権者で片方が監護権者とのなる場合があるようです。

 

養育費

 

 夫婦が離婚して、子と同居していなくても親は子の能力に応じた生活をさせなければならない義務があります。両親とも子の養育費を負担する義務があり、同居していない親は親権者・監護権者に指定された親に養育費を支払います。養育費の算定表が公開されており実務手続きの基準と利用されていますので、支払額の参考になります。
 養育費の支払い期間の取り決めで、18歳に達するまで・20歳に達するまで・22歳に達するまでとか話し合いで決めます。

親権者

 

 親権者とは、未成年の子を養育監護し、財産を管理し、代理人として法律行為をする権利義務を有するものです。
親権の内容として身上監護権と財産管理権があります
 身上監護権の内容
  居所指定権
  懲戒権
  職業許可権
  この身分上の行為の許可権
 財産管理権の内容
  未成年の子の財産を管理する権利義務があります

 

 夫婦が婚姻中であれば夫婦の共同親権ですが離婚した場合には親権者をどちらかに定めなければなりません。協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれの場合にも親権者が必要ですす。親権者の死亡の場合は後見人選任の申立てが必要ですが、親権者の変更の申し立ても可能です。

 

監護権者

 

 子の監護をおこなうものを定めることもできます。本来、親権者と監護権者は同一人が普通ですが、例外的に一方が親権者で片方が監護権者とのなる場合があるようです。

 

養育費

 

 夫婦が離婚して、子と同居していなくても親は子の能力に応じた生活をさせなければならない義務があります。両親とも子の養育費を負担する義務があり、同居していない親は親権者・監護権者に指定された親に養育費を支払います。養育費の算定表が公開されており実務手続きの基準と利用されていますので、支払額の参考になります。
 養育費の支払い期間の取り決めで、18歳に達するまで・20歳に達するまで・22歳に達するまでとか話し合いで決めます。

親権者

 

 親権者とは、未成年の子を養育監護し、財産を管理し、代理人として法律行為をする権利義務を有するものです。
親権の内容として身上監護権と財産管理権があります
 身上監護権の内容
  居所指定権
  懲戒権
  職業許可権
  この身分上の行為の許可権
 財産管理権の内容
  未成年の子の財産を管理する権利義務があります

 

 夫婦が婚姻中であれば夫婦の共同親権ですが離婚した場合には親権者をどちらかに定めなければなりません。協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれの場合にも親権者が必要ですす。親権者の死亡の場合は後見人選任の申立てが必要ですが、親権者の変更の申し立ても可能です。

 

監護権者

 

 子の監護をおこなうものを定めることもできます。本来、親権者と監護権者は同一人が普通ですが、例外的に一方が親権者で片方が監護権者とのなる場合があるようです。

 

養育費

 

 夫婦が離婚して、子と同居していなくても親は子の能力に応じた生活をさせなければならない義務があります。両親とも子の養育費を負担する義務があり、同居していない親は親権者・監護権者に指定された親に養育費を支払います。養育費の算定表が公開されており実務手続きの基準と利用されていますので、支払額の参考になります。
 養育費の支払い期間の取り決めで、18歳に達するまで・20歳に達するまで・22歳に達するまでとか話し合いで決めます。