福岡で離婚の際の債務整理の初回無料の手続き相談

経済的理由での離婚

借金/住宅ローン返済が困難などで離婚の危機なら
 
生活費の補てんで消費者ローン・クレジットなどの借入れがかさみ、結婚生活が続けられない状態に陥ったご夫婦も多くなっています。また夫婦の一方が借金があるのを内緒にし、やり繰りしているうちに借金が増えてしまい、結局夫婦関係が破綻するパターンもあります。
 
離婚するのは離婚届を役所に出せば簡単にできますが、離婚後は二つの世帯になりますのでそれぞれに生活費が必要となります。特に子供がいる家族で、相手方の借金が多くて別れた場合は、家庭裁判所で調停調書を作成し公証役場で公正証書を作成したとしても養育費を今後支払ってもらうことは難しいとおもわれます。
 
しかし借金問題は、債務整理で解決できます。債務整理は個人再生・自己破産等の法律による借金整理の手続きです。
 
離婚の前に個人再生、自己破産等で借金問題を解決したら、養育費に回すお金を確保することができます。場合によっては、離婚を回避できるかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 

マイホームをお持ちの方の借金整理

 

マイホームをお持ちの場合
住宅ローンの支払いが困難な方の借金整理(債務整理)の方法
 
 
住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄える場合は、新たに住む処を探し、家賃を支払う必要がありますが自宅の売却が検討できます。
 
住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、そのまま住み続けます。
 
住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、金融機関にお願いして任意売却の検討をします。住宅ローン残額は支払い義務が残りますし,信用情報にも掲載されます。

 

 
住宅ローンも含めて、全ての債務を自己破産で処理します。

 

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。
 
個人再生(住宅ローン特則)の手続きを利用します。住宅ローンはそのまま支払いを継続して、住宅ローン以外の借金を8割カットしてもらえます。残り2割の借金を3年から5年で支払います。
※3年から5年で借金はなくなり、自宅は財産として残っていきます。

 

 

経済的理由での離婚のご相談承ります

借金/住宅ローン返済が困難などで離婚の危機なら

消費者ローン・クレジットなどの支払いに追われ結婚生活が続けられない状態に陥ったご夫婦も多くなっています。

また夫婦の一方が借金があるのを内緒にし、やり繰りしているうちに借金が増えてしまい、結局夫婦関係が破綻することもよくあることです。

離婚の際に決めておくべき事には親権、面会交渉など子供に関することも重要ですが、お金に関して養育費、財産分与、婚姻費用、慰謝料なども大変重要な決め事です。

しかし相手とお金に関する決め事を公証役場で公正証書作成し、家庭裁判所で調停調書を作成していたとしても、借金まみれで相手に支払い能力が無ければ現実的には受取るのは難しい事です。

しかし離婚の前に借金問題が解決することで,離婚したとしても養育費等の支払いが出来るようになるかもしれません。場合によっては、離婚を回避できるかもしれません。

当事務所では認定司法書士が、「債務整理手続き」により借金問題の解決に向け全力でお手伝いします。

借金の問題はご夫婦が協力しておこなえば必ず解決しますのでぜひ無料相談をご利用ください。

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄える場合は自宅の売却が検討できます。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

住宅ローンの支払いが困難な方の借金整理(債務整理)の方法

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、そのまま住み続けます.

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、金融機関にお願いして任意売却の検討をします。住宅ローン残額は支払い義務が残りますし,信用情報にも掲載されます.

 

住宅ローンも含めて、全ての債務を自己破産で処理します。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

個人再生(住宅ローン特則)の手続きを利用します。住宅ローンはそのまま支払いを継続して、住宅ローン以外の借金を8割カットしてもらえます。残り2割の借金を3年から5年で支払います。
※3年から5年で借金はなくなり、自宅は財産として残っていきます。

 

債務整理には「個人再生」「自己破産」

「任意整理」があります
「個人再生」は住宅ローンの支払いが困難なご夫婦に適した債務整理です。

裁判所に申し立てる手続きです。住宅ローンの支払いはそのまま継続して、原則、他の借金は8割カットで債権額の20%を支払うことで残りの債務の支払いが不要になります。

ギャンブルで消費者金融に高額の借入があるご主人や浪費でクレジットの残額が増えた奥さんも利用できます。

自己破産を選択すると仕事を辞めなければならない方<個人事業者で今後も事業を継続していく方等にも向いた債務整理の方法です。

住宅がある方は住宅ローンの支払いを継続しながら他の借金を80パーセントカットしてもらい住宅を失うことなしに生活再建ができます。
例えば、住宅ローンの他に1000万円の借金がある方なら、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、1000万円の借金は200万円(月3万4千円〜5万6千円の支払い)に減額してもらえます。
最近のご依頼者の個人再生利用例


男性 債務整理前借金額 銀行/信販1300万円+住宅ローン2300万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販1300万円は260万円に減額、5年払の月43400円を返済


女性 債務整理前借金額 サラ金/信販5社390万円+住宅ローン1740万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販390万円は100万円に減額、3年払いの月28000円を返済中

 

「自己破産」は裁判所に申し立てる手続きで、今後の支払いが不能である場合に最終的に選択します。現在の夫婦の合算した収入が少なければ、借金の支払いは出来ませんので個人再生・任意整理はできず自己破産の選択しかありません。
最近のご依頼者の自己破産例
女性 自己破産前借金額 教育ローン/信販4社370万円

給料が少ないため、支払い不能の認定を受け、同時廃止決定 その後免責決定

男性 自己破産前借金額 銀行/信販/サラ金 9社780万円
個人事業の経営がうまくいかず、自転車操業に。自己破産申し立て後、破産管財人が選任され管財人のもとで、手続き終了しました。
「任意整理」は弁護士、司法書士が債務者に代わって金融業者との間で、将来利息カット・無理のない弁済回数、毎月の支払金額を交渉します。
手続きの流れは、取引履歴を取り寄せ利息制限法で再計算します。計算の結果、消費者金融などで10年以上の取引がある方は過払い利息で借入金額が減額になる場合があります。減額になった金額を、将来利息なしで20回から60回の分割により返済していくことを債権者に提案します。

 あくまで任意の話し合いですので、相手がこちらの提案を受けるか否かは相手の自由ですが、ほとんどの会社はこちらの提案を受け入れています。また短期の借り入れの場合も、将来利息なしで分割払いに応じてもらえる場合も多いですが、少しの将来利息を条件に任意整理に応じる債権者が出てきています。

 計算の結果、過払い利息で過払い金が発生している場合は、過払金返還請求をすることでお金が返ってきます。
保証人をたてた借入先を除外したい

自動車は必要だから自動車ローンは除外したい

数件の借入先のうち何件かだけ整理したい

月々の返済額を減らしたい

官報に載りたくないので裁判所での手続きは避けたい


以上のような方のための債務整理方法です.

 

最近のご依頼者の任意整理例

女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 200万円月9万円の支払い⇒月3万5千円(利息18%⇒0
女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 140万円

残債60万円のサラ金1社に過払い金60万円があり訴訟により全額回収

残80万円の信販会社を任意整理

月4万円の支払い⇒月1万5千円(利息18%⇒0 整理前の借金額 サラ金/信販 5社 300万円

家族には絶対秘密の条件があり任意整理を選択

月9万円の支払い⇒月5万円(利息18%⇒0
過払い金返還請求
完済された方はもちろんですが、現在借入残がある方でも消費者金融、信販会社等で長期間の支払いがある方は、過去の取引の履歴を取り寄せて計算をすることで、借入額が大幅に減額になるか、借入金額が0になった上に過払の状態になっている事がよくあります。

 過払いの状態であれば、現在の借入残がある場合でも返済する必要はありませんし、ブラック情報に載ることもありません。逆に相手会社に対して過払い金の返還請求ができます。当事務所では訴訟を提起することで、ご依頼者が満足できる過払い金の返還手続きを行っています 最近の過払い金返還事例
男性サラ金3社 完済後10年の時効2日前に、他社に断られてご来所

直ちに内容証明郵便で受任通知発送 過払金元金170万円を訴訟により全額回収
男性サラ金21年取引後完済 過払い金元金138万円 訴訟により全額回収
男性 信販18年取引 残40万円を引直し計算後 過払い金元金86万円

経済的理由での離婚のご相談承ります

借金/住宅ローン返済が困難などで離婚の危機なら

消費者ローン・クレジットなどの支払いに追われ結婚生活が続けられない状態に陥ったご夫婦も多くなっています。

また夫婦の一方が借金があるのを内緒にし、やり繰りしているうちに借金が増えてしまい、結局夫婦関係が破綻することもよくあることです。

離婚の際に決めておくべき事には親権、面会交渉など子供に関することも重要ですが、お金に関して養育費、財産分与、婚姻費用、慰謝料なども大変重要な決め事です。

しかし相手とお金に関する決め事を公証役場で公正証書作成し、家庭裁判所で調停調書を作成していたとしても、借金まみれで相手に支払い能力が無ければ現実的には受取るのは難しい事です。

しかし離婚の前に借金問題が解決することで,離婚したとしても養育費等の支払いが出来るようになるかもしれません。場合によっては、離婚を回避できるかもしれません。

当事務所では認定司法書士が、「債務整理手続き」により借金問題の解決に向け全力でお手伝いします。

借金の問題はご夫婦が協力しておこなえば必ず解決しますのでぜひ無料相談をご利用ください。

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄える場合は自宅の売却が検討できます。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

住宅ローンの支払いが困難な方の借金整理(債務整理)の方法

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、そのまま住み続けます.

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、金融機関にお願いして任意売却の検討をします。住宅ローン残額は支払い義務が残りますし,信用情報にも掲載されます.

 

住宅ローンも含めて、全ての債務を自己破産で処理します。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

個人再生(住宅ローン特則)の手続きを利用します。住宅ローンはそのまま支払いを継続して、住宅ローン以外の借金を8割カットしてもらえます。残り2割の借金を3年から5年で支払います。
※3年から5年で借金はなくなり、自宅は財産として残っていきます。

 

債務整理には「個人再生」「自己破産」

「任意整理」があります
「個人再生」は住宅ローンの支払いが困難なご夫婦に適した債務整理です。

裁判所に申し立てる手続きです。住宅ローンの支払いはそのまま継続して、原則、他の借金は8割カットで債権額の20%を支払うことで残りの債務の支払いが不要になります。

ギャンブルで消費者金融に高額の借入があるご主人や浪費でクレジットの残額が増えた奥さんも利用できます。

自己破産を選択すると仕事を辞めなければならない方<個人事業者で今後も事業を継続していく方等にも向いた債務整理の方法です。

住宅がある方は住宅ローンの支払いを継続しながら他の借金を80パーセントカットしてもらい住宅を失うことなしに生活再建ができます。
例えば、住宅ローンの他に1000万円の借金がある方なら、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、1000万円の借金は200万円(月3万4千円〜5万6千円の支払い)に減額してもらえます。
最近のご依頼者の個人再生利用例


男性 債務整理前借金額 銀行/信販1300万円+住宅ローン2300万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販1300万円は260万円に減額、5年払の月43400円を返済


女性 債務整理前借金額 サラ金/信販5社390万円+住宅ローン1740万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販390万円は100万円に減額、3年払いの月28000円を返済中

 

「自己破産」は裁判所に申し立てる手続きで、今後の支払いが不能である場合に最終的に選択します。現在の夫婦の合算した収入が少なければ、借金の支払いは出来ませんので個人再生・任意整理はできず自己破産の選択しかありません。
最近のご依頼者の自己破産例
女性 自己破産前借金額 教育ローン/信販4社370万円

給料が少ないため、支払い不能の認定を受け、同時廃止決定 その後免責決定

男性 自己破産前借金額 銀行/信販/サラ金 9社780万円
個人事業の経営がうまくいかず、自転車操業に。自己破産申し立て後、破産管財人が選任され管財人のもとで、手続き終了しました。
「任意整理」は弁護士、司法書士が債務者に代わって金融業者との間で、将来利息カット・無理のない弁済回数、毎月の支払金額を交渉します。
手続きの流れは、取引履歴を取り寄せ利息制限法で再計算します。計算の結果、消費者金融などで10年以上の取引がある方は過払い利息で借入金額が減額になる場合があります。減額になった金額を、将来利息なしで20回から60回の分割により返済していくことを債権者に提案します。

 あくまで任意の話し合いですので、相手がこちらの提案を受けるか否かは相手の自由ですが、ほとんどの会社はこちらの提案を受け入れています。また短期の借り入れの場合も、将来利息なしで分割払いに応じてもらえる場合も多いですが、少しの将来利息を条件に任意整理に応じる債権者が出てきています。

 計算の結果、過払い利息で過払い金が発生している場合は、過払金返還請求をすることでお金が返ってきます。
保証人をたてた借入先を除外したい

自動車は必要だから自動車ローンは除外したい

数件の借入先のうち何件かだけ整理したい

月々の返済額を減らしたい

官報に載りたくないので裁判所での手続きは避けたい


以上のような方のための債務整理方法です.

 

最近のご依頼者の任意整理例

女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 200万円月9万円の支払い⇒月3万5千円(利息18%⇒0
女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 140万円

残債60万円のサラ金1社に過払い金60万円があり訴訟により全額回収

残80万円の信販会社を任意整理

月4万円の支払い⇒月1万5千円(利息18%⇒0 整理前の借金額 サラ金/信販 5社 300万円

家族には絶対秘密の条件があり任意整理を選択

月9万円の支払い⇒月5万円(利息18%⇒0
過払い金返還請求
完済された方はもちろんですが、現在借入残がある方でも消費者金融、信販会社等で長期間の支払いがある方は、過去の取引の履歴を取り寄せて計算をすることで、借入額が大幅に減額になるか、借入金額が0になった上に過払の状態になっている事がよくあります。

 過払いの状態であれば、現在の借入残がある場合でも返済する必要はありませんし、ブラック情報に載ることもありません。逆に相手会社に対して過払い金の返還請求ができます。当事務所では訴訟を提起することで、ご依頼者が満足できる過払い金の返還手続きを行っています 最近の過払い金返還事例
男性サラ金3社 完済後10年の時効2日前に、他社に断られてご来所

直ちに内容証明郵便で受任通知発送 過払金元金170万円を訴訟により全額回収
男性サラ金21年取引後完済 過払い金元金138万円 訴訟により全額回収
男性 信販18年取引 残40万円を引直し計算後 過払い金元金86万円

経済的理由での離婚のご相談承ります

借金/住宅ローン返済が困難などで離婚の危機なら

消費者ローン・クレジットなどの支払いに追われ結婚生活が続けられない状態に陥ったご夫婦も多くなっています。

また夫婦の一方が借金があるのを内緒にし、やり繰りしているうちに借金が増えてしまい、結局夫婦関係が破綻することもよくあることです。

離婚の際に決めておくべき事には親権、面会交渉など子供に関することも重要ですが、お金に関して養育費、財産分与、婚姻費用、慰謝料なども大変重要な決め事です。

しかし相手とお金に関する決め事を公証役場で公正証書作成し、家庭裁判所で調停調書を作成していたとしても、借金まみれで相手に支払い能力が無ければ現実的には受取るのは難しい事です。

しかし離婚の前に借金問題が解決することで,離婚したとしても養育費等の支払いが出来るようになるかもしれません。場合によっては、離婚を回避できるかもしれません。

当事務所では認定司法書士が、「債務整理手続き」により借金問題の解決に向け全力でお手伝いします。

借金の問題はご夫婦が協力しておこなえば必ず解決しますのでぜひ無料相談をご利用ください。

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄える場合は自宅の売却が検討できます。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

住宅ローンの支払いが困難な方の借金整理(債務整理)の方法

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、そのまま住み続けます.

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、金融機関にお願いして任意売却の検討をします。住宅ローン残額は支払い義務が残りますし,信用情報にも掲載されます.

 

住宅ローンも含めて、全ての債務を自己破産で処理します。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

個人再生(住宅ローン特則)の手続きを利用します。住宅ローンはそのまま支払いを継続して、住宅ローン以外の借金を8割カットしてもらえます。残り2割の借金を3年から5年で支払います。
※3年から5年で借金はなくなり、自宅は財産として残っていきます。

 

債務整理には「個人再生」「自己破産」

「任意整理」があります
「個人再生」は住宅ローンの支払いが困難なご夫婦に適した債務整理です。

裁判所に申し立てる手続きです。住宅ローンの支払いはそのまま継続して、原則、他の借金は8割カットで債権額の20%を支払うことで残りの債務の支払いが不要になります。

ギャンブルで消費者金融に高額の借入があるご主人や浪費でクレジットの残額が増えた奥さんも利用できます。

自己破産を選択すると仕事を辞めなければならない方<個人事業者で今後も事業を継続していく方等にも向いた債務整理の方法です。

住宅がある方は住宅ローンの支払いを継続しながら他の借金を80パーセントカットしてもらい住宅を失うことなしに生活再建ができます。
例えば、住宅ローンの他に1000万円の借金がある方なら、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、1000万円の借金は200万円(月3万4千円〜5万6千円の支払い)に減額してもらえます。
最近のご依頼者の個人再生利用例


男性 債務整理前借金額 銀行/信販1300万円+住宅ローン2300万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販1300万円は260万円に減額、5年払の月43400円を返済


女性 債務整理前借金額 サラ金/信販5社390万円+住宅ローン1740万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販390万円は100万円に減額、3年払いの月28000円を返済中

 

「自己破産」は裁判所に申し立てる手続きで、今後の支払いが不能である場合に最終的に選択します。現在の夫婦の合算した収入が少なければ、借金の支払いは出来ませんので個人再生・任意整理はできず自己破産の選択しかありません。
最近のご依頼者の自己破産例
女性 自己破産前借金額 教育ローン/信販4社370万円

給料が少ないため、支払い不能の認定を受け、同時廃止決定 その後免責決定

男性 自己破産前借金額 銀行/信販/サラ金 9社780万円
個人事業の経営がうまくいかず、自転車操業に。自己破産申し立て後、破産管財人が選任され管財人のもとで、手続き終了しました。
「任意整理」は弁護士、司法書士が債務者に代わって金融業者との間で、将来利息カット・無理のない弁済回数、毎月の支払金額を交渉します。
手続きの流れは、取引履歴を取り寄せ利息制限法で再計算します。計算の結果、消費者金融などで10年以上の取引がある方は過払い利息で借入金額が減額になる場合があります。減額になった金額を、将来利息なしで20回から60回の分割により返済していくことを債権者に提案します。

 あくまで任意の話し合いですので、相手がこちらの提案を受けるか否かは相手の自由ですが、ほとんどの会社はこちらの提案を受け入れています。また短期の借り入れの場合も、将来利息なしで分割払いに応じてもらえる場合も多いですが、少しの将来利息を条件に任意整理に応じる債権者が出てきています。

 計算の結果、過払い利息で過払い金が発生している場合は、過払金返還請求をすることでお金が返ってきます。
保証人をたてた借入先を除外したい

自動車は必要だから自動車ローンは除外したい

数件の借入先のうち何件かだけ整理したい

月々の返済額を減らしたい

官報に載りたくないので裁判所での手続きは避けたい


以上のような方のための債務整理方法です.

 

最近のご依頼者の任意整理例

女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 200万円月9万円の支払い⇒月3万5千円(利息18%⇒0
女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 140万円

残債60万円のサラ金1社に過払い金60万円があり訴訟により全額回収

残80万円の信販会社を任意整理

月4万円の支払い⇒月1万5千円(利息18%⇒0 整理前の借金額 サラ金/信販 5社 300万円

家族には絶対秘密の条件があり任意整理を選択

月9万円の支払い⇒月5万円(利息18%⇒0
過払い金返還請求
完済された方はもちろんですが、現在借入残がある方でも消費者金融、信販会社等で長期間の支払いがある方は、過去の取引の履歴を取り寄せて計算をすることで、借入額が大幅に減額になるか、借入金額が0になった上に過払の状態になっている事がよくあります。

 過払いの状態であれば、現在の借入残がある場合でも返済する必要はありませんし、ブラック情報に載ることもありません。逆に相手会社に対して過払い金の返還請求ができます。当事務所では訴訟を提起することで、ご依頼者が満足できる過払い金の返還手続きを行っています 最近の過払い金返還事例
男性サラ金3社 完済後10年の時効2日前に、他社に断られてご来所

直ちに内容証明郵便で受任通知発送 過払金元金170万円を訴訟により全額回収
男性サラ金21年取引後完済 過払い金元金138万円 訴訟により全額回収
男性 信販18年取引 残40万円を引直し計算後 過払い金元金86万円

経済的理由での離婚のご相談承ります

借金/住宅ローン返済が困難などで離婚の危機なら

消費者ローン・クレジットなどの支払いに追われ結婚生活が続けられない状態に陥ったご夫婦も多くなっています。

また夫婦の一方が借金があるのを内緒にし、やり繰りしているうちに借金が増えてしまい、結局夫婦関係が破綻することもよくあることです。

離婚の際に決めておくべき事には親権、面会交渉など子供に関することも重要ですが、お金に関して養育費、財産分与、婚姻費用、慰謝料なども大変重要な決め事です。

しかし相手とお金に関する決め事を公証役場で公正証書作成し、家庭裁判所で調停調書を作成していたとしても、借金まみれで相手に支払い能力が無ければ現実的には受取るのは難しい事です。

しかし離婚の前に借金問題が解決することで,離婚したとしても養育費等の支払いが出来るようになるかもしれません。場合によっては、離婚を回避できるかもしれません。

当事務所では認定司法書士が、「債務整理手続き」により借金問題の解決に向け全力でお手伝いします。

借金の問題はご夫婦が協力しておこなえば必ず解決しますのでぜひ無料相談をご利用ください。

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄える場合は自宅の売却が検討できます。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

住宅ローンの支払いが困難な方の借金整理(債務整理)の方法

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、そのまま住み続けます.

 

住宅ローンの残額と諸経費を売却代金で賄え無い場合は、金融機関にお願いして任意売却の検討をします。住宅ローン残額は支払い義務が残りますし,信用情報にも掲載されます.

 

住宅ローンも含めて、全ての債務を自己破産で処理します。

※新たに住む処を探し、家賃を支払う必要があります。

 

個人再生(住宅ローン特則)の手続きを利用します。住宅ローンはそのまま支払いを継続して、住宅ローン以外の借金を8割カットしてもらえます。残り2割の借金を3年から5年で支払います。
※3年から5年で借金はなくなり、自宅は財産として残っていきます。

 

債務整理には「個人再生」「自己破産」

「任意整理」があります
「個人再生」は住宅ローンの支払いが困難なご夫婦に適した債務整理です。

裁判所に申し立てる手続きです。住宅ローンの支払いはそのまま継続して、原則、他の借金は8割カットで債権額の20%を支払うことで残りの債務の支払いが不要になります。

ギャンブルで消費者金融に高額の借入があるご主人や浪費でクレジットの残額が増えた奥さんも利用できます。

自己破産を選択すると仕事を辞めなければならない方<個人事業者で今後も事業を継続していく方等にも向いた債務整理の方法です。

住宅がある方は住宅ローンの支払いを継続しながら他の借金を80パーセントカットしてもらい住宅を失うことなしに生活再建ができます。
例えば、住宅ローンの他に1000万円の借金がある方なら、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、1000万円の借金は200万円(月3万4千円〜5万6千円の支払い)に減額してもらえます。
最近のご依頼者の個人再生利用例


男性 債務整理前借金額 銀行/信販1300万円+住宅ローン2300万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販1300万円は260万円に減額、5年払の月43400円を返済


女性 債務整理前借金額 サラ金/信販5社390万円+住宅ローン1740万円

住宅ローン特則付個人再生利用により住宅ローンの支払いはそのままで、銀行/信販390万円は100万円に減額、3年払いの月28000円を返済中

 

「自己破産」は裁判所に申し立てる手続きで、今後の支払いが不能である場合に最終的に選択します。現在の夫婦の合算した収入が少なければ、借金の支払いは出来ませんので個人再生・任意整理はできず自己破産の選択しかありません。
最近のご依頼者の自己破産例
女性 自己破産前借金額 教育ローン/信販4社370万円

給料が少ないため、支払い不能の認定を受け、同時廃止決定 その後免責決定

男性 自己破産前借金額 銀行/信販/サラ金 9社780万円
個人事業の経営がうまくいかず、自転車操業に。自己破産申し立て後、破産管財人が選任され管財人のもとで、手続き終了しました。
「任意整理」は弁護士、司法書士が債務者に代わって金融業者との間で、将来利息カット・無理のない弁済回数、毎月の支払金額を交渉します。
手続きの流れは、取引履歴を取り寄せ利息制限法で再計算します。計算の結果、消費者金融などで10年以上の取引がある方は過払い利息で借入金額が減額になる場合があります。減額になった金額を、将来利息なしで20回から60回の分割により返済していくことを債権者に提案します。

 あくまで任意の話し合いですので、相手がこちらの提案を受けるか否かは相手の自由ですが、ほとんどの会社はこちらの提案を受け入れています。また短期の借り入れの場合も、将来利息なしで分割払いに応じてもらえる場合も多いですが、少しの将来利息を条件に任意整理に応じる債権者が出てきています。

 計算の結果、過払い利息で過払い金が発生している場合は、過払金返還請求をすることでお金が返ってきます。
保証人をたてた借入先を除外したい

自動車は必要だから自動車ローンは除外したい

数件の借入先のうち何件かだけ整理したい

月々の返済額を減らしたい

官報に載りたくないので裁判所での手続きは避けたい


以上のような方のための債務整理方法です.

 

最近のご依頼者の任意整理例

女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 200万円月9万円の支払い⇒月3万5千円(利息18%⇒0
女性 債務整理前借金額 サラ金/信販2社 140万円

残債60万円のサラ金1社に過払い金60万円があり訴訟により全額回収

残80万円の信販会社を任意整理

月4万円の支払い⇒月1万5千円(利息18%⇒0 整理前の借金額 サラ金/信販 5社 300万円

家族には絶対秘密の条件があり任意整理を選択

月9万円の支払い⇒月5万円(利息18%⇒0
過払い金返還請求
完済された方はもちろんですが、現在借入残がある方でも消費者金融、信販会社等で長期間の支払いがある方は、過去の取引の履歴を取り寄せて計算をすることで、借入額が大幅に減額になるか、借入金額が0になった上に過払の状態になっている事がよくあります。

 過払いの状態であれば、現在の借入残がある場合でも返済する必要はありませんし、ブラック情報に載ることもありません。逆に相手会社に対して過払い金の返還請求ができます。当事務所では訴訟を提起することで、ご依頼者が満足できる過払い金の返還手続きを行っています 最近の過払い金返還事例
男性サラ金3社 完済後10年の時効2日前に、他社に断られてご来所

直ちに内容証明郵便で受任通知発送 過払金元金170万円を訴訟により全額回収
男性サラ金21年取引後完済 過払い金元金138万円 訴訟により全額回収
男性 信販18年取引 残40万円を引直し計算後 過払い金元金86万円